世界的イベントを楽しむならスポーツベッティングのウィリアムヒル!

ブックメーカー 合法

ブックメーカーは、海外の合法の国で運営していて、
ライセンスも取得しているので信頼はあります。

日本だと法律で賭博罪があり、
日本からブックメーカーに参加すると
賭博罪が適用される可能性はあります。

ただ、海外で運営するブックメーカー合法で、
日本の参加者だけ罰せられることはまずないと言えます。

実際、ブックメーカーでは日本人のプレイヤーが逮捕されたことはなく、
自宅でパソコンを使って個人で参加するのも、処罰される可能性も低いです。

海外で運営するブックメーカーでも
日本で公共の場所でプレイヤーを集めてから、
手数料などをとっている場合だと違法です。

風紀を乱す恐れがあるときは参加者も逮捕されますが、
個人で海外のブックメーカーへ参加するには違法のリスクは少ないです。

ただ、ブックメーカーの運営元の海外のルール・法律を守らないと
アカウントの凍結の恐れがあるので注意です。

参加者の条件で18歳以上の年齢制限があるので18歳以上でないと出来ません。
 

ブックメーカー 合法 国

ブックメーカーごとに合法な場合と、
日本のように違法な場合があります。

ブックメーカーはスポーツに賭けることが出来て、
野球・サッカー・テニスなど
通常だと賭けの対象にならないスポーツもあるので世界で人気があります。

日本には賭博罪があり、
前にも野球賭博などで逮捕者が出たりして
公営ギャンブル以外は全て違法なので、
ブックメーカーも同じように違法ではと感じる人も多いです。

ただ、によりきちんとラインセンスを取得し合法で運営をしていて、
世界的に有名なブックメーカーだと
厳格な基準を満たしてからきちんと運営もしているので信頼出来ます。

中にはライセンスも取得してないところもありますが、
こうしたところでプレイすると
後でお金が受け取れないなどトラブルになりやすいので注意です。

日本から参加する場合、まずは合法で運営されているかどうか
ライセンスも取得しているかどうかを確認し、
信頼できるブックメーカーを選ぶことです。
 

ブックメーカー 違法 弁護士

ブックメーカー違法になるかについては、
弁護士に相談してもその意見は分かれているようです。

賭博罪に精通する津田岳宏弁護士のブログや動画では、
海外で合法的なライセンスを取っているところは、
日本の刑法だと処罰できないと答えてます。

津田弁護士は2017年1月に
オンラインカジノでプレイしていたプレイヤーが警察に逮捕されて、
その処分を不服として法廷で争って、不起訴処分を勝ち取った弁護士です。

ブログ記事などは大勢の人が読んでいて、
海外政府公認のオンラインギャンブルは
日本の賭博罪で処罰するのは間違いであることを主張し、
法廷でもそのことを実証しました。

警察もこの事件で不起訴となってから、
海外政府公認のオンラインギャンブルサイトを利用したプレイヤーを
取り締まらなくなってます。

ただ、これも一つの判例でしかすぎず、
現時点では違法とも合法とも言えないグレーゾーンであることは確かです。
 


ボンズカジノ
© 2022 ブックメーカー rss